三重茶農業協同組合 誕生

2015年2月1日 Posted by 総務

平成27年2月1日水沢茶農業協同組合と亀山茶農業協同組合が合併し

三重茶農業協同組合が誕生しました。

平成26年新茶まつり

2014年4月4日 Posted by 総務

冠山茶の木原・新茶祭り・初市 平成26年4月

今年も新茶の季節が近づいてきました。
恒例の新茶祭りの日程をアップします。

内容 時 間 開催場所
平成26424
木曜日)
冠山茶の木原振興式 午前11 冠山茶の木原
平成26429
(火曜日)
クイーン四日市と

献茶パレ-ド

午前10時茶農協出発

午前10時30分足見田神社到着

茶農協から

足見田神社

クイーン四日市と

新茶祭り写す会

午前10時~3時

少雨決行

足見田神社周辺

茶畑

献茶式 午前10時30分

11時30分

足見田神社
新茶初市 午後 1時~3時 茶農協

冠山茶の木原(宮妻町)
水沢茶の発祥地といわれている。
詳細はほとんどわかっていないが、一説には平安時代に空海が伝えたお茶の名残とも言われている。
冠山(かんざん)とは、地名であり茶の木が原生している場所ということで名付けられたのであろう。
明治、大正時代は、地元の人が家庭用にはしごをかけて摘んでいたようで雑木林に近いものであった。
昭和56年(1981)に市史跡として指定を受け保存会によって、保護、管理されている。毎年足見田神社に、ここで摘み取られた新茶が献茶されている。
三重交通 四日市-宮妻線の終点で降車後、もみじ谷を経て宮妻峡へ向かう山道の途中で村田青麦の歌碑が建立されている。
ここから山を下ったところが冠山茶の木原である。

駐車場も完備されているので、ドライブで立ち寄ることもできる。

すこしづつ春めいてきた

2014年3月24日 Posted by 総務

平成26年3月になって、寒かった水沢もすこしづつですが、温かさがでてきました。
まだまだ、本年の新茶には、時間がありますが、今年も伊勢本かぶせ茶の特別仕立ての先行注文をホームページにて開始しました。

今年も、予約に限定して、100gX2本で価格は3000円です。
よろしくお願いします。

平成25年 すいざわ(水沢)新茶まつり

2013年4月4日 Posted by 総務

平成25年度の新茶祭りの日程が決定しました。

茶業振興式

平成25年4月22日(月曜日) 午前11時から    茶業振興式 於 冠山茶の木の原

  • 四日市市史跡冠山茶の木原にて今年の茶業振興を祈願式がおこなわれます。冠山茶木原保存会をはじめ地元の茶業関係者が集まります。

水沢新茶まつり

「夏も近づく八十八夜」とうたわれる季節を迎え、茶どころ水沢(すいざわ)では、
新茶期を前に4月29日に新茶祭りが開催されます。

平成25年4月29日(月曜日) 午前10時から    新茶パレード 水沢茶農協から足見田神社へ

  • 四日市茶業連合会会長と水沢茶農協組合長が足見田神社に奉納する新茶を携えて
    水沢茶農業協同組合から足見田神社までパレードをします。
    クイーン四日市が色を添えます。

平成25年4月29日 午前10時30分から 献茶神事  於 足見田神社

  • 足見田神社にて、今年とれたての新茶が奉納される献茶神事が執り行われます。
    地元の小学生による古式ゆかしい舞も披露されます。

平成25年4月29日 午後 1時から    新茶初市  於 水沢茶農協

  • 水沢茶農業協同組合にて新茶の初市が開催されます。
    昔ながらの5つ玉のそろばんを使って生産農家と茶商の取引を茶農協が仲介して
    取引が行われます。
    取引が成立すると威勢よく手締めが行われます。

2番茶 作業 真っ盛り

2012年6月26日 Posted by soumu

水沢では、2番茶の収穫に向けて作業が真っ盛りとなっています。
かぶせ茶園の覆い掛け作業からはじまって、梅雨の合間をぬって収穫作業が始まろうとしています。

水沢は「かぶせ茶」では、日本一の産地です。

農家は手間のかかる作業をすすめながら、2番茶が良い作柄になるようにいのっています。

整然と整備された茶園から、まもなく2番茶が生産されます。

かぶせ茶 玉露

2012年5月24日 Posted by soumu

平成24年5月24日水沢の森田さんが栽培する玉露園で収穫が行われました。
玉露は、かぶせ茶のなかでも被覆期間が長いものをさし、被覆方法もこの茶園は、棚式となっている。
近所のご婦人方の協力を得て、手摘みで収穫作業がおこなわれた。

長く伸びた茎の中にうずもれるようにして行われる作業

頒布会 伊勢本かぶせ茶 新茶収穫

2012年5月19日 Posted by soumu

平成24年度の頒布会予約注文の発送準備がはじまりました。
今年は4月中旬の低温の影響で例年以上に新茶の収穫が遅れていましたが、
やっと春100gX3本と秋100gX3本の伊勢本かぶせ茶の原料の収穫ができました。

予約申込頂いた方には、来週から順次発送準備にかからせていただきます。

ただ、まだ特別仕立てのかぶせ茶は、十分な覆い期間をとっている為、まだできあがっておりません。
豊田さん、中西さんがてしおにかけたお茶は、もう少しお待ちください。
伊勢本かぶせ茶と特別仕立の両方をご注文いただいた方は、特別仕立てが、でき次第一緒に送らせていただきます。

平成24年度新茶 最盛期

2012年5月19日 Posted by soumu

三重県四日市市水沢町は、鈴鹿山脈のふもとに広がる広大な茶園で、新茶の最盛期を迎えている。
全国的には、4月の中旬に早場の産地では新茶の生産が始まるが、水沢では約1カ月遅れの新茶である。

水沢茶農業協同組合の2階窓から見える茶園風景
緑色の茶園はすでに収穫が終わった茶園で、黒い覆いがかけてある茶園が今から収穫する茶園
窓から見える茶園 風景 20120519
速さでは、かなわない産地ですが、「日本一」の生産を誇る「かぶせ茶」では定評のある産地なのです。

本格的な棚式かぶせ茶園の中

直射日光を遮ることによって、独特の香りと色が作られる。
この独特の香りは「おおいか(覆い香)」と呼ばれる。
新茶の時期の「かぶせ茶」も美味しいが、やはり「かぶせ茶」は半年ほど経過した後の味わいが
格別である。
これが、蔵出し茶の妙味である。

平成24年新茶まつり 献茶

2012年4月29日 Posted by soumu

献茶

四日市茶業連合会 会長 原さんが、地元の足見田神社に新茶を献納しました。

伊勢本かぶせ茶 平成24年度新茶 販売予約

2012年3月30日 Posted by soumu

伊勢本かぶせ茶の特別仕立て 予約申し込み 開始しました